■家族が集う家:戸建リフォーム

リフォームの目的

キッチンを明るく、調理をしながら家族集まって食べることができるようにしたい。
床を暖かくしたい。

この2点が主なご要望でした。

改装前


正面の対面キッチンと手前の畳は撤去、
テラスに面する掃き出し窓は引込に取り替えました。

改装後:同アングル

既存のウッドデッキにはベンチを加えました。
大きな引込戸を開けると、
ダイニングキッチンと既存の屋根付きのデッキが一体化します。
隣家とのブロック塀には緑化をする予定です。

リフォーム前の玄関(サーモグラフィ画像)

玄関ドアの温度が高いのは陽が当たっているため。
ドアの断熱が悪いので内側が暖まっている。
床はとても冷たい。

リフォーム後の居間の床(サーモグラフィ画像)

家事机下に設けた床下エアコンで、LDK全体を暖めことができている。


大きなテーブルには、4つ口のIHコンロを埋め込みました。
調理しながら食べるスタイルです。
小上がりの和室を撤去し、腰窓を掃き出し窓に変更しました。
庭へと視線がつながります。
2方向にLDKが広がりました。

左奥は家事机コーナー

正面の流し台上部の縦格子部分は、水切り兼用食器棚となっています。
格子戸を跳ね上げると全面開口になります。

左手の凹みは電子レンジ置き場。
シンクの右下は食洗器が組み込んであります。
手の届きやすい場所に必要なものを組み込みました。


設計監理:株式会社半田雅俊設計事務所(担当:宇田)  施工:株式会社河合建築