防火地域の木造住宅 中野の家


住み慣れた市街地での建替えです。
防火地域に指定されているため、周辺は次々とビルやマンションに変わってしまいました。防火仕様を満たした上で玄関ドアに板を張り、バルコニーの目隠しも防腐処理をした木でつくりました。

 

左写真 吹き抜けを設けて採光を確保。コンパクトなキッチンは、家具屋さんで作りました。
右写真 二階の窓からも食卓上に採光します。食卓と椅子も半田設計事務所のオリジナル。

 

左写真 内装は準耐火仕様が求められているので階段は鉄骨製です。段板は30ミリの厚板。
    両側に手すりを設け、高齢の方でも楽に上り下りできます。
右写真 2階ホール。天井は吸音効果のある小幅板天井です。

個室。ホールとの間仕切りは防音仕様。
大音量でTV鑑賞を楽しむため、ホールとのガラス小壁は2重ガラスとしています。