半田 雅俊私が建築の世界にはいったのは、世界的建築家であるフランク・ロイド・ライトに憧れてのことでした。新米として設計事務所で働いてからも、その憧れはやまず、意を決して、ライトが残した建築工房であるタリアセンに留学したのが31歳の頃。もちろんライトはこの世にはいませんでしたが、ライトが残したすばらしい建物で、ライトの弟子たちや、世界中から集まってきた建築家や建築家の卵たちと一緒に共同生活を送りながら、ライトの建築哲学を学びました。その経験が私にとってかけがえのないものになったのは、いうまでもありません。ほんの少しでも彼のすばらしい建築哲学が私の中で生き続けて、これから自分が手がける建築にいかされていくのだと思えるよろこびをかみしめ、帰国とともに建築家として独り立ちしました。
ライトの建築哲学は「ORGANIC ARCHITECTURE(有機的建築)」という言葉にこめられています。これは動物や植物など自然界のものが、外界との関係や生き延びていく手段のために、すべてに意味があり、まったく無駄のないかたちをしているということと同じように、建築もそうあるべきだというライト独自の考えかたです。つまり家も、立地や敷地、そこで暮らす家族の暮らし方など、さまざまなこととの関係でかたちが決まってくるということです。それであるからこそ、全体の調和がとれた、美しく暮らしやすい家ができるのです。
そう考えると、家を建てるということは「暮らし方をつくっていく」ということでもあるといえるでしょう。建て主さんと「どんな暮らしをしたいのか」を楽しく語り合い、楽しくあれこれ工夫して、ライフスタイルにぴったりと寄り添った家をつくっていく。それが、私が考える家づくりです。

■半田 雅俊 略歴
1950年、群馬県に生まれる。工学院大学工学部建築学科卒業後、遠藤楽建築創作所を経てフランク・ロイド・ライトの設計組織タリアセン留学。1983年に半田雅俊設計事務所設立。

一級建築士登録 第109794号
一級建築士事務所登録 東京都知事登録54730号

社団法人 日本建築学会 会員
NPO法人 家づくりの会 理事
工学院大学建築学部建築学科 非常勤講師

■受賞歴
・木造ドミノ住宅(野沢正光氏と共同設計)
 エコビルド大賞
 グッドデザイン賞
 地域住宅計画賞
 日本木材活用コンクール:審査委員賞

・安中教会納骨堂
   安中市みどりの景観賞

■好きなこと
・自転車で長距離はしること
・本をたくさん読むこと
・料理